『シロがいて』第5話読んだ感想

シロがいて5話|家族崩壊!?その時、シロはどう動く?

武が家を建てて13年、シロも13歳になりました。

 

真美は結婚に向けてまっしぐら、幸せの絶頂でしょうが現実的な性格は相変わらず。

 

航も変わらず勉強に身が入らず、今年は受験なのに大丈夫!?

 

厳しい父から見放され気味の彼ですが、一体どうなってしまうのやら…。

 

そして気になるのは父・武の不倫です!

 

5年続いていた部下との関係は継続中、ついには部屋まで借りてしまい最終局面を迎えそうな予感が漂っています。

 

絵理子も夫の異変には気がついているようですが、言い出すこともなく何を考えているのやら。

 

そして真美も両親の不仲に気がつき、結婚を急いでいる様子さえ見受けられます。

 

仲良し家族だったはずなのに、徐々に見えてきたほころびが遂に決壊してしまう!?

 

そのキッカケは航の受験でした。

 

内部進学ができなかった彼は仕方なく外部の学校を受験します。

 

しかし、武が一定レベル以下の受験は認めなかった為に全て不合格!

 

一番ショックを受けているのは航本人のはずなのに武がそんな息子にかけた言葉、それは自分の人生どうする気なんだ?

 

彼だって頑張ってきたのに、勉強だって好きではないのに中学受験までしたのにそれはない!

 

その上、酔った勢いに任せて俺の子じゃないんじゃないかって最低な一言が飛び出しました。

 

これにキレたのは航ではなく、母の絵理子と真美です。

 

大声で父を責める娘と、今までになく夫に対して反抗する姿勢を見せる絵理子。

 

二人とも父の浮気に気がついているからこそ、この発言だけは許せなかったんでしょう。

 

でも引っ込みがつかない武は真美に手を挙げようと大きく振りかぶります。

 

そのビンタを防ぐように立ちはだかった絵理子、の前に飛び出した航!?

 

結局は彼が殴られる形になり、武もやっと我にかえりました。

 

でも、時すでに遅し…。

 

航はそのまま家を出ていってしまのでした。

 

最後にシロへ挨拶をして玄関を出ていきますが、それをシロが追いかけた!?

 

追い返そうとてもどこまでも付いてくるし、ブサイクな鳴き声でお怒りモードだしその真意は一体なに?

 

シロと家族の物語もいよいよ、終局に向かいそうな予感です。

 

>>『シロがいて』第6話あらすじネタバレ

シロがいて(西炯子)|全7話タイトル一覧

関連ページ

『シロがいて』第1話読んだ感想
シロがいて1話読んだ感想|とある4人家族のもとにやってきた捨て猫のシロ。物語が進むにつれて一家はそれぞれ成長していくわけですが、シロの存在は家族にどんな影響を与えてくことになるのやら…。物語の始まりは一家が東京郊外に建てた家に引っ越してきてまもない頃。
『シロがいて』第2話読んだ感想
シロがいて2話読んだ感想|前回でシロが拾われて来た時から三年の月日が経ち、子供たちもすっかり大きくなりました。航くんは小学生になりましたが中身は変わらず(笑)男の子は永遠の少年といいますからね。一方、お姉ちゃんの真美はすっかり大人っぽい雰囲気の女性に成長しております。
『シロがいて』第3話読んだ感想
シロがいて3話読んだ感想|時は流れ、シロも7歳になりました。子供たちも大人になり、姉の真美なんて高校一年生ですよ。髪を伸ばしてすっかり大人っぽくなり、これでもう子供扱いはされないかな?一方、弟の航は相変わらずの様子でゲームばっかりしている少年のまま。
『シロがいて』第4話読んだ感想
シロがいて4話読んだ感想|家を建ててから12年、つまりはシロも12歳ですよ!猫の12歳と言えばかなりの高齢ですが、目つきの悪さは相変わらず。さすがに体は衰え、暴れることは少なくなったようですが。この頃になると家族にも大きな変化が見えてきますよ。20歳になった真実
『シロがいて』第6話読んだ感想
シロがいて6話読んだ感想|航の家で事件から2年が経ち、シロも15歳になりました。体も老い始めていますが同時に家も築15年、さすがにボロが出始めています。皆が衰えていく中、残された家族はいよいよ武と絵理子の夫婦二人に。姉の真美は結婚して独立し、弟の航は結局そのまま
『シロがいて』最終話読んだ感想
シロがいて最終話読んだ感想|不倫相手の所に絵理子が踏み込み、会社に不倫がバレて部下の女性は逃走。今回はその後の武と家族たちの様子が描かれています。そして、同時に最終話!家を建てると同時にシロがきて、16年の年月を共に過ごしてきた大沢家はどんな結末を迎えるのでしょうか?