『シロがいて』第6話読んだ感想

シロがいて6話|衝撃の展開!?母が起こした行動の意味とは?

航の家で事件から2年が経ち、シロも15歳になりました。

 

体も老い始めていますが同時に家も築15年、さすがにボロが出始めています。

 

皆が衰えていく中、残された家族はいよいよ武と絵理子の夫婦二人に。

 

姉の真美は結婚して独立し、弟の航は結局そのまま家を出てしまったのです。

 

母とは連絡をとっているものの、父とは絶縁状態のまま?

 

それでも友達の朋くんと同居しつつ、たくましく生きています!

 

一方、優秀だった真美はそれ故に迷走している!?

 

結婚前から父の不倫に気づいていた彼女は自分は壊れない家庭を築こうと決意しているのです。

 

全てを計画どうりに進めるべく、妊娠も計画的にしようと必死。

 

夫にもそれを強要し、ちょっと息苦しく思われているようで。

 

それでも夫婦が同じ目標を見ていれば大丈夫だと信じて疑っていないのですが、これって本当に大丈夫なのでしょうか…?

 

武の不倫も長く続いていて、二つの家庭を行き来する日々です。

 

相手から結婚を迫られても今までは交わしていたのですが、今回ばかりは逃げられない!?

 

ついに不倫相手が妊娠してしまいました。

 

子供たちも家を出て離婚のタイミングとしては申し分ないでしょう。

 

ところが武はこの期に及んでも拒否!?

 

絵理子に気持ちが残っているのか、それとも別の事情があるのか。

 

本心はわかりませんが、さすがに不倫相手もキレて包丁を持ち出しました。

 

この攻撃で頬を切られた武、猫にやられたなんて苦しい言い訳をしますが絵理子には通じず。

 

今度は絵理子が包丁を持って相手の家に乗り込んだ!?

 

ついに禁断の対面が実現してしまいましたよ…。

 

青ざめる不倫相手とは対照的に絵理子の方は至って冷静なまま。

 

荷物を物色しながらキレる相手に対して、あなたのものではありませんって答えがシュール過ぎ!!

 

しかも、いつもは優しい糸目のお母さんがパッチリ目を開けているのが逆に怖くって…。

 

いよいよ武の不倫関係も終局を迎えそうな雰囲気が漂い始めました。

 

周囲に全てがバレた時、彼は一体なにを語るのか!?

 

次回は最大の波乱が巻き起こるかもしれません…。

 

>>『シロがいて』第7話あらすじネタバレ

シロがいて(西炯子)|全7話タイトル一覧

関連ページ

『シロがいて』第1話読んだ感想
シロがいて1話読んだ感想|とある4人家族のもとにやってきた捨て猫のシロ。物語が進むにつれて一家はそれぞれ成長していくわけですが、シロの存在は家族にどんな影響を与えてくことになるのやら…。物語の始まりは一家が東京郊外に建てた家に引っ越してきてまもない頃。
『シロがいて』第2話読んだ感想
シロがいて2話読んだ感想|前回でシロが拾われて来た時から三年の月日が経ち、子供たちもすっかり大きくなりました。航くんは小学生になりましたが中身は変わらず(笑)男の子は永遠の少年といいますからね。一方、お姉ちゃんの真美はすっかり大人っぽい雰囲気の女性に成長しております。
『シロがいて』第3話読んだ感想
シロがいて3話読んだ感想|時は流れ、シロも7歳になりました。子供たちも大人になり、姉の真美なんて高校一年生ですよ。髪を伸ばしてすっかり大人っぽくなり、これでもう子供扱いはされないかな?一方、弟の航は相変わらずの様子でゲームばっかりしている少年のまま。
『シロがいて』第4話読んだ感想
シロがいて4話読んだ感想|家を建ててから12年、つまりはシロも12歳ですよ!猫の12歳と言えばかなりの高齢ですが、目つきの悪さは相変わらず。さすがに体は衰え、暴れることは少なくなったようですが。この頃になると家族にも大きな変化が見えてきますよ。20歳になった真実
『シロがいて』第5話読んだ感想
シロがいて5話読んだ感想|武が家を建てて13年、シロも13歳になりました。真美は結婚に向けてまっしぐら、幸せの絶頂でしょうが現実的な性格は相変わらず。航も変わらず勉強に身が入らず、今年は受験なのに大丈夫!?厳しい父から見放され気味の彼ですが、一体どうなってしまうのやら
『シロがいて』最終話読んだ感想
シロがいて最終話読んだ感想|不倫相手の所に絵理子が踏み込み、会社に不倫がバレて部下の女性は逃走。今回はその後の武と家族たちの様子が描かれています。そして、同時に最終話!家を建てると同時にシロがきて、16年の年月を共に過ごしてきた大沢家はどんな結末を迎えるのでしょうか?